就職セミナーで着用すべき服装とは

就職セミナーでは、特に服装の指定がないところが多いようですが、服装や、持ち物については、どう考えるべきでしょう。フタをあけてみると、就職セミナーには、みんなスーツ着用で来ているようです。

スーツを着て就職セミナーに行かなければいけないという決まりはないはずなのに、大抵の人がスーツで行くのは、なぜでしょう。就職セミナーを、就職活動とほぼ同等の会ととらえることで、就職活動時のドレスコードで参加しようとする人が多いためです。採用希望者を迎える側の会社の人達もスーツを着ていますので、参加する側もスーツで行くことが当たり前と解釈されています。
具体的には、黒のリクルートスーツを着用して、就職セミナーに行くという人がほとんどです。就職セミナーでは、会場を訪れた人の大半がリクルートスーツを着ています。黒が一般的ですが、ダークグレーやネイビーブルーの人もいます。黒いリクルートスーツに合わせるシャツは白にすること、スーツのボタンは上まで留め、きちんとした状態を演出するようにします。靴や靴下といったスーツ以外の着用品も黒にして、眼鏡も黒っぽい色にしておくといいでしょう。
スーツ以外の複数で就職セミナーに行かざるをえない時には、ラフにならないようにしておくことです。ジャケットやシャツを中心にして、カジュアルになりすぎない、服装を意識してください。就職セミナーは、採用試験に直接結びつくものではありませんが、人事担当者に見られているということもまた事実です。